大阪/兵庫で浮気調査からストーカー対策までJPリサーチにご相談ください。

探偵大阪のサイトマップ

大阪・神戸を拠点にJPリサーチは探偵社を運営しております。

探偵大阪の盗聴発見調査が必要な場合

探偵大阪JPリサーチの盗聴・盗撮調査の心構え

盗聴・盗撮調査を依頼前・調査時・調査後にやってはいけない言動があります。

①ご相談時、弊社へお問い合わせする際には、必ず公衆電話からお問い合わせください。
当たり前ですが、盗聴調査ですので、該当する室内や固定電話・携帯電話からのお問い合わせはご遠慮ください。会話を聞かれていれば設置者が、盗聴器を回収してしまう可能性があるからです。
第三者が居ない事を確認のうえ、必ず公衆電話からお問い合わせください。

②調査前であってもパソコンやスマートフォンのWEB検索履歴を削除する。
万一、盗聴器の設置者が身内や知人等の場合、相談者のスマホやPCを盗み見してWEBアクセス履歴から「探偵」「盗聴」「訴え」「慰謝料」などのキーワードや探偵社や警察、情報機器販売店(盗聴発見器等)のHP閲覧履歴から調査依頼が発覚しまう事は決して珍しくはありません。
また当方とのメールや電話の発進・着信履歴も同様です。必ず消去して下さい。
もしくは、閲覧で出来ないようロックナンバーやロックパターンの変更も有効です。
関連する人物・弁護士や各種団体等のやり取りも同様です。

③探偵社や情報機器販売店との契約書・パンフレット・名刺などは、対象者に見られない所に保管する。
設置者が身近にいる場合、故意または偶然に契約書やパンフレット・名刺などを発見、調査発覚至るケースも珍しくはありません。
設置者が接点のない人物、例えば、実家や信頼できる知人に預ける等の措置を行って下さい。

④設置者と接点(取引先・従業員・家族・親族・恋人関係・婚約者の方など)がある場合には調査日の前日・当日は普段を装い余計な詮索や余計な言動は避ける様にして下さい。
相談者の方は皆さん、調査当日は緊張されて落ち着きがなくなったり、不自然な言動が原因で調査が発覚するパターンが非常に多いのが現状です。この様な言動は、絶対しないでください。

⑤調査時には結果が出るまで会話はしないでください。
※調査当日は盗聴器の有無がわかるまでは、会話は厳禁です。
※質問や要望等会話が必要な場合は筆談でお願いします。