大阪/兵庫で浮気調査からストーカー対策までJPリサーチにご相談ください。

探偵大阪のサイトマップ

大阪・神戸を拠点にJPリサーチは探偵社を運営しております。

探偵大阪JPリサーチの浮気・不倫・離婚について

探偵大阪の浮気と不倫の違い 浮気とは?
異性に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。「―な人」

不倫とは?
道徳に反すること。特に,男女の関係が人の道にはずれること。また,そのさま。法律上は不貞行為。

不貞行為とは?
意思に基づいて配偶者以外の異性と肉体関係をもつ事。キス、ハグ、手繋ぎ、同性愛、1回限りの肉体関係は不貞行為と認められにくい!

不貞行為を理由として離婚したい場合は、継続的に不貞行為をしている証拠を掴まなければなりません。


大阪の探偵社JPリサーチの様々な離婚の種類

協議離婚って?

協議上の離婚をする場合には、離婚について同意をしていれば成立し、離婚理由は必要ありません。夫婦間で離婚の話合いがまとまれば、離婚届を役所に提出することで離婚が成立します。 時間や費用が節約できるもっとも簡単な離婚方法です。 協議離婚の場合、気をつけなくてはいけないことは、財産分与や養育費など、離婚時に決めないまま離婚してしまい後からトラブルを招きやすくなります。

調停離婚って?

相手方に、協議離婚に応じてもらえない場合には、すぐに離婚の裁判をするのではなく、家庭裁判所に離婚調停の申立てを行う必要があります。(調停前置主義)
調停には、裁判のような強制力はありません。裁判所として離婚が適切だと判断する場合でも、最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。調停において相手方が離婚に応じない場合にはじめて裁判となるのです。離婚の話し合いがまとまらない場合、また別れることには同意できても、親権者・監護者が決まらない、養育費、財産分与、慰謝料、面接交渉などの条件で同意できないケースなどは、家庭裁判所に調停を申し立てる方法で成立する離婚のことです。

裁判離婚って?

協議離婚・調停離婚で不調に終わった場合、家庭裁判所に離婚の訴えを起こして、その裁判に勝利して、離婚を認めるの判決を得なければなりません。また、離婚の請求と併せて、慰謝料・財産分与などの金銭問題、未成年の子供がいる場合は、親権者の指定、養育費の請求も同時に行うこととなります。

※協議離婚・調停離婚では法定離婚原因は必要ありませんでしたが、離婚訴訟を起こすには民法が定めている「法定離婚原因」が必要となります。原則として、有責配偶者(不法行為をした側)からの離婚請求は認められません。