大阪/兵庫で浮気調査からストーカー対策までJPリサーチにご相談ください。

探偵大阪のサイトマップ

大阪・神戸を拠点にJPリサーチは探偵社を運営しております。

探偵大阪の嫌がらせ対策調査が必要な場合

探偵大阪JPリサーチの嫌がらせの種類

●犯罪行為の現状
平穏なな生活を守るのは本来警察の仕事ですが、民事不介入とゆう壁があり刑事事件以外では警察は動いてくれないが現状です。
刑事事件に関しても具体的な被害の拠がないと積極的には動いてくれません。
その様なときに、私共がお力になれる事は、調査を通してお客様が必要とされている情報や証拠を得る事で、直面しているトラブルや被害を立証し、刑事事件や裁判など、様々な状況に対応できます。

●嫌がらせ行為とは??
日常生活の中で、他者に精神的苦痛や物質的損失を与える結果となる行為を指す。定量的かつ厳密な定義は存在せず、ある行為をある者が不快に感じれば、その者にとってその行為は嫌がらせとなる。人によっては嫌がらせとは感じないケースもある為、しっかりとした、証拠保全が必要です。

●近隣トラブルとは??
・土地・建物に関するもの。
 近隣との境界線や私有地などの通行権や使用。
・マンション内での様々な問題。
・生活環境に関するもの。
 日照権・眺望権・通風問題などは、不動産鑑定士が介入する事が多い。
・騒音。
 ピアノや近隣のテレビ・洗濯機・エンジン音の生活騒音等。
・振動。
 洗濯機・上の階の足音が響く・壁を叩いたり蹴ったりする・工場などの振動等。
・ペット問題。
 ペットに怪我をさせられる。ペットの鳴き声や、匂い、糞尿等の放置等。
・悪臭。
 工場等の悪臭等。
・放置車両。
 自宅前や月極駐車場等に無断駐車。
・プライバシー侵害。
 悪口を撒き散らかす・覗かれる・電話が盗聴される。
・敷地内にゴミを捨てる。
 生ゴミ等の家庭ごみを敷地内に投棄される。

探偵大阪JPリサーチの嫌がらせの対処方法

●対処方法は??
※騒音・振動・悪臭・ペット問題。
 騒音・振動・悪臭・ペット問題などは、改善を要求することが出来る。またそれにより健康を害した場合などは、証拠を元に、損害賠償も請求できる。騒音に関しては、環境省で定めている環境基準は、日中55デシベル、夜間45デシベル程度が騒音の目安になっている。
 またペットによる怪我の場合も飼い主に損害賠償が請求できます。

※放置車両。
 放置車両の移動のみが、目的なら最寄りの警察署に相談されると良いですが、車の所有者を知り、証拠を元に、損害賠償等の請求をしたい方は調査が必要になります。

※悪口・盗聴。
 悪口を立証できれば、名誉毀損等で、損害賠償はもちろん、名誉回復の広告なども請求できます。また覗き見や盗聴などは、プライバシー権の侵害として慰謝料等の損害賠償を請求出来ます。また除き見に関しては、目隠しなどを請求できる。

※敷地内にゴミを捨てる。
 証拠を元に廃棄物処理法違反に問う事が可能。また、行為が長引き治療が必要になった場合、病院の診断書に書かれる内容によっては、「傷害罪」が成立します。

※嫌がらせ行為は内容によって、刑事事件や民事事件など損害賠償請求の対象になります。いずれにせよ確固たる証拠が必要となります。