大阪/兵庫で浮気調査からストーカー対策までJPリサーチにご相談ください。

探偵大阪のサイトマップ

大阪・神戸を拠点にJPリサーチは探偵社を運営しております。

探偵大阪の嫌がらせ対策調査が必要な場合

探偵大阪JPリサーチの嫌がらせ調査の心構え

いたずら・嫌がらせ調査を依頼前・調査時・調査後にやってはいけない言動があります。

①嫌がらせ犯と接点がある場合は調査を相談・依頼した事や調査をしている事を絶対に告げない!
当たり前ですが、この行為を絶対にしないでください。つい人間は感情的になってしま  ったり、悩み事で情緒不安定になっていると調査依頼している事を対象者に告げてしまうとゆう最悪の結果をご自身で招いてしまう事も珍しくはありません。
また直接的に調査依頼している事を告げなくても間接的にも同じです。例えば「覚えときなさい!」「全部知っている!」「後悔するよ!」「証拠はある!」等の言動も同様です。

②調査前であってもパソコンやスマートフォンのWEB検索履歴を削除する。
嫌がらせ犯と接点がある場合は、相談者のスマホやPCを盗み見してWEBアクセス履歴から「探偵」「証拠」「嫌がらせ」「弁護士」「裁判」「慰謝料」などのキーワードや探偵社や弁護士等のHP閲覧履歴から調査依頼が発覚しまう事は決して珍しくはありません。
また当方とのメールや電話の発進・着信履歴も同様です。必ず消去して下さい。
もしくは、閲覧で出来ないようロックナンバーやロックパターンの変更も有効です。
関連する人物・弁護士や各種団体等のやり取りも同様です。

③探偵社や弁護士との契約書・パンフレット・名刺などは、対象者に見られない所に保管する。
嫌がらせ犯と接点がある場合は、故意または偶然に契約書やパンフレット・名刺などを発見、調査発覚至るケースも珍しくはありません。
対象者が接点のない人物、例えば、実家や信頼できる知人に預ける様にして下さい。

④対象者と接点がある場合には、調査日の前日・当日は普段を装い余計な詮索や余計な言動は避ける様にして下さい。
相談者の方は皆さん、調査当日は緊張されて落ち着きがなくなったり、調査を成功させようと余計な電話をしてみたり行動パターン・行動時刻などの詮索したり「いつ嫌がせをすの?」「わかってるよ?」「嫌がらせはやめて!」など不自然言動が原因で調査が発覚するパターンが非常に多いのが現状です。
この様な言動は、絶対しないでください。

⑤極力平和的な解決方法を模索してください。
近隣とのトラブルはともすれば感情的なものに発展しやすく、一度こじれてしまうとその後もしこりを残す事になり、争いによるメリットは非常に少ないと言えます。
日常生活を気持ちよく過ごすには、ある程度、容認する事も大切です。しかし我慢しすぎても精神的な病に陥ったり、不眠症等の病気になったりします。
トラブルの限度を超えると、過去に実際にあった、ピアノ殺人事件佐賀隣人一家殺人事件などの悲劇な事件に発展する例もあります。
しっかりとした証拠を元に平和的な解決方法を見出して頂ければと思います。

上記の様な行為をされますと対象者は警戒レベルが上がり調査続行不可能になります。

※守秘義務の厳守は徹底していますのでご安心下さい。