大阪/兵庫で浮気調査からストーカー対策までJPリサーチにご相談ください。

探偵大阪のサイトマップ

大阪・神戸を拠点にJPリサーチは探偵社を運営しております。

大阪の探偵JPリサーチの暴力追放協力事業所について

総合探偵社JPリサーチは『暴力追放協力事業所』です。

『暴力追放協力事業所』とは、暴力追放の意思を明確に示し、 安心して利用できる事業所です。


大阪の探偵JPリサーチの暴力団撃退のポイント

JPリサーチでは、不当要求防止責任者講習を経て対応責任者をしています。
講習内容を抜粋しておりますので参考にしてください。
詳しい資料をご希望の方や詳しい情報をお知りになりたい方は、メール、お電話でお問い合わせください。

探偵大阪の暴力団撃退

暴力団の手口


探偵大阪の暴力団の攻撃パターン

●接  近

暴力団は、資金の獲得しやすい企業などに標的を定め、環境問題など様々な名目で接近を図ってきます。

●攻  撃

接近に成功すると、「名目」を盾に因縁をつけたり無理難題を要求するなど、あらゆる脅しのテクニックを用いて、担当者に恐怖、困惑等心理的に圧力かけてきます。 (最終目的は「金銭」です。)

●目 的 達 成

「損害を被った」「誠意を示せ」「どうしてくれるんや」等と暗に金を要求し、執拗に攻撃をし相手を根負けさせて金で解決させる事を目的としています。

●再 攻 撃

あきらめて金で解決すると、目的を達成したということで、一時的に姿を消しますが、その企業は「金のなる木」とランク付けされ、当該暴力団又は別の暴力団から再攻撃を受けることがあります。

探偵大阪の暴力団の脅しのテクニック

●恐 怖 感

目的である金を得るには、まず、自分が暴力団であることを応対者に分からせる必要があり、そうすることにより、応対者に暴力団の怖いイメージを植え付けのです。

●精 神 的、肉 体 的 疲 労

応対者を精神的、肉体的に疲れさせ、その結果、要求を受け入れさせようと画策します。 その方法として
●長時間居座る
●電話で執拗に要求する
●大勢で押し掛ける
などがあります。

●業 務 妨 害

これも、表立って妨害をすれば取締りの対象となります。そこで、政治活動・社会運動を標榜し
●街宣活動等を繰り返す
●大勢で周辺をうろつく
●忙しい時間帯に面会を求める
などの方法により、間接的に妨害をしてきます。

●役 割 分 担

応対者から金を出させやすくするため、強引に要求を突き付ける役と、適当な妥協案を提示して話をまとめる役というように、「脅し役」と「なだめ役」の役割分担をしています。

探偵大阪の暴力団撃退

指定暴力団の指定

法は、都道府県公安委員会は、一定の条件を備えている暴力団(指定暴力団)をまたは、指定暴力団がいくつも集まった連合組織「指定暴力団連合」といいます。

   都道府県公安委員会が指定した指定暴力団の構成員に対し、一定の行為を行うことを禁止しています。平成25年末現在、指定暴力団は、東京都4団体、千葉県1団体、京都府1団体、大阪府2団体、兵庫県1団体、岡山県1団体、広島県1団体、山口県1団体香川県1団体、福岡県5団体、鹿児島県1団体、沖縄県団体、の21団体です。
 暴力団の名称、組長の氏名、事務所の所在地は、市民も知る事ができます。
指定暴力団一覧
 なお、指定暴力団には傘下組織も含まれますので、その構成員も指定暴力団になります。

探偵大阪の暴力団撃退

特定危険指定暴力団の指定

指定暴力団による、暴力団排除活動に取り組む事業者等に対する不法事案が発生しているため、規制が強化されました。
 具体的には、「不当要求を拒絶した事業所に凶器を用いて襲い」かつ「反復するおそれが  ある場合」に、都道府県公安委員会は、「1年以内の期間・警戒区域」を定め、「特定危険指定暴力団」に指定(法30条の8第1項)し、指定されると面会要求やつきまとい、  うろつき等が禁止されました。
 ※罰則 3年以下の懲役、500万円以下の罰金

探偵大阪の暴力団撃退

暴力追放運動推進センター(法32条の3)


基 本 的 な 心 構 え

法9条の仕組み(以下の3要件を満たす行為(暴力的要求行為)を禁止)
(ア)行為の主体が指定暴力団であること。
(イ)「その者の所属する指定暴力団の威力を示す」という手段、方法を用いること。
(ウ)その行為が法9条各号(全27号)に定める暴力的要求行為であること。

※暴力的要求行為の禁止(法9条)の詳細はこちら

探偵大阪の暴力団撃退

暴力団等反社会勢力に対する対応要領


法は、暴力団員による不当な行為の防止及びこれによる被害の救済に寄与することを目的として設立された公益法人を都道府県ごとに暴力追放運動推進センター(暴追センター)として指定する制度を設け、官民一体となった暴力追放運動を推奨していくこととしています。

探偵大阪の暴追センターの行う事業内容

暴力団追放の広報活動

ポスター、パンフレット等広報資料の作成・配布、暴力追放大会の開催、テレビ、ラジオ、新聞等による広報活動を行っています。

民間の組織活動の援助

民間の暴力追放組織に対する助成金の交付、民間の暴力追放組織が行う各種行事の後援等を行っています。

暴力団員による不当な行為の困りごと相談

暴力追放相談員が相談に応じ、必要な助言をしています。

少年への暴力団からの働き掛けを排除する活動

少年に対する暴力団の影響を排除する活動を行っています。

暴力団からの離脱希望者に対する援助活動

相談活動による個別の指導、助言を行っています。

暴力団事務所使用差止請求訴訟に関する活動

適格団体として国家公安委員会の認定を受け、付近住民等の委託を受けて、原告として自ら暴力団事務所の使用差止請求訴訟を提起することと、付近住民等の生活及び業務の遂行の平穏が害されることを防止するための援助活動事業をを行っています。

不当要求防止責任者講習の実施

暴力団による不当な要求の被害を防止するため、不当防止責任者講習を行っています。

不当要求情報管理機関の業務の援助活動

公安委員会の指定を受けた不当要求を受けた不当要求情報管理機関に対して、資料の提供等の援助や助言等をしています。

見舞金や民事訴訟の被害者への支援活動

暴力団員による不当な行為の被害者に対して、見舞金の支給や暴力団を相手とする民事訴訟の支援を行っています。

少年指導員に対する研修の実施

少年指導員に対して、少年への暴力団の影響を排除するための必要な研修を行っています。

その他の活動

暴力団員からの危害を防止するための各種機材の貸出し等を行っています。
探偵大阪の暴力団撃退

暴力団排除条例




条 例 の 概 要

1 目的、暴力団の排除、県・県民の責務
2 県の講ずべき措置等
3 暴力団事務所等に関する規制
4 住民等に不安を覚えさせる行為の禁止

利益の供与の禁止

・業務を容認してもらうための利益の供与(みかじめ料等)
・業務に関して、紛争を解決、鎮圧してもらうための利益の供与(用心棒代)

県 の 責 務

①暴力団の排除に関する施策の策定と実施
②暴力団排除活動を実施する県民等への支援
(情報の提供、助言、指導、関係者の保護等)

県 民 の 責 務

①暴力団排除活動の推進と県の施策への協力
②暴力団との関係の禁止と威力利用の禁止
③不当要求に対す積極的敵な相談と根絶
④暴力団の排除に資する情報の提供